ネグローニ | イタリア生まれのほろ苦い食前酒

皆さんこんばんは、凜太郎です。
今宵は、イタリアで食前酒として生まれたカクテル、
ネグローニ」を紹介していきます。

ネグローニ

・材料
ドライジン…30ml
カンパリ…30ml
スイートベルモット…30ml
スライスオレンジ…1枚
・作り方(…ビルド)
氷を入れたオールドファッションドグラスに3つの材料を直接注ぎ入れて、ステアする。
スライスオレンジを飾り入れて、できあがり。

材料が30mlずつだと多い場合は、全て20mlにしても良いでしょう。
スライスオレンジの代わりに、オレンジピールをしぼり入れてもいいかもしれません。


現在ではアペリティフ(=食前酒)として親しまれているこのカクテル、
あるイタリアの伯爵の名前がそのままカクテル名になっているのです。

始まりは、イタリアはフィレンツェのレストラン、カソーニで、カミーロ・ネグローニ伯爵がこのカクテルを愛飲していました。
このレストランのバーテンダーが、伯爵の許しを得て、1962年に「ネグローニ」のカクテル名で発表し、
今ではスタンダードなカクテルになっています。

ちなみに、カンパリとスイートベルモットはイタリアの特産物ですね。

ほろ苦くて食欲を促すような美味しさがあります。
関連記事

コメント

非公開コメント

おすすめ商品

プロフィール

りんたろう

管理人:りんたろう
カクテルとウイスキー談義の場へ
ようこそ!!

知らない人にも分かり易く、
知識がある人にも面白く、
カクテルとウイスキーの世界を
本格的に紹介していきます!

記事に載せたカクテル・ウイスキーとその写真は、全て実際に作ったりして飲んでみたものです。分からないことは何でもコメントして下さい♪
These Cocktails & Whiskies for your life!

(当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブログ内検索
Amazonで検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント