ベンリアックの紹介

皆さんこんばんは、凜太郎です。

今回は、シングルモルト・スコッチウイスキーの
ベンリアック」を紹介していきたいと思います。

スペイサイド・モルトになります(詳しくはこちら

ベンリアック10年

写真は「ベンリアック10年」です。
(アルコール分43%)

ロングモーン蒸溜所に隣接して建つ蒸溜所です。

「ベンリアック」という名前は、「灰色がかった山」(Ben=山、Riach=灰色がかった)という意味になりますが、
その所以は分かっていません。

原料のモルトを造るのに(その一部ですが)フロアモルティングを行っているという、
数少ない、伝統的な製法を守っている蒸溜所です。

蒸溜所自体は1894年に立ち上げられましたが、創業はその4年後。
さらにその2年後に操業停止。
そして、再開は半世紀以上たった後でした。

その長期閉鎖後の再開当初は、シングルモルトとしては販売せず、
シーバスリーガルなどのブレンド用原酒のみを生産していたため、知名度は低かったのです。

シングルモルトの発売はやや後れ気味の1994年。
その製品化に力を入れ始めたのは2004年頃でした。

しかし、その評価は非常に高く、特に今では終売になってしまった「12年シェリーウッド」などは有名です。


さて、今回飲んだ「ベンリアック10年」
ノンチルフィルタードで、綺麗な琥珀色。
………
甘い香りで、シトラス香も感じられ、柔らかな飲み口。
とても飲みやすいボトルだと思います。
しっかりとした余韻は、熟成年数10年という若さを感じさせません。
フルーティーで、初心者にもオススメです。



↓伝説(?)の12年シェリーウッド(入手困難)


↓基本の12年。


↓個人的におススメの22年モスカテル(高いですけど)
関連記事

コメント

非公開コメント

おすすめ商品

プロフィール

りんたろう

管理人:りんたろう
カクテルとウイスキー談義の場へ
ようこそ!!

知らない人にも分かり易く、
知識がある人にも面白く、
カクテルとウイスキーの世界を
本格的に紹介していきます!

記事に載せたカクテル・ウイスキーとその写真は、全て実際に作ったりして飲んでみたものです。分からないことは何でもコメントして下さい♪
These Cocktails & Whiskies for your life!

(当ブログはAmazonアソシエイトに参加しています)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブログ内検索
Amazonで検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント